絵本の読み聞かせ

「絵本の読み聞かせした方がいいよ」ってよく聞きますよね。
絵本の読み聞かせについてお話ししていきます。

【読み聞かせのメリット・効果とは?】

・親子でコミュニケーションがとれる
読み聞かせは、親子のコミュニケーション不足を解消させます。
絵本を読む声は子どもに安心感を与えます。
肌のぬくもりや匂いを感じることにより親子の親密感が高まり、信頼関係が強くなるのです。
また、子どもは読み聞かせによって親の愛情を感じ、子ども自身の自己肯定感も養われるでしょう。家族の関係が希薄になっていると言われる現代では、親子が触れ合う時間は貴重です。
わずかな時間でもかまわないので、積極的に読み聞かせの時間を作りましょ
う。

・感情を豊かにする
読み聞かせは、子どもの感情を豊かにする効果が期待できます。子どもは絵本を通じて登場人物の気持ちを想像し、疑似体験します。
喜怒哀楽を感じること、心の変化を知ることで感情が豊かになるのです。
読み聞かせは心を育てます。感情豊かな人は相手の心の変化を感じる力を持っているので、周囲から愛される人になるでしょう。

・想像力を育てる
子どもの想像力を育てることも、読み聞かせによる効果のひとつです。想像力が豊かな人は、思いやりを持って人と関わることができます。
相手の痛みも分かるので、感受性豊かな優しい人になれるでしょう。
また、想像力が豊かなことは将来的にも役立ちます。例えば仕事においても視野が広がり、新しい視点で物事を考えることができます。

また、先を想像する力があることで、失敗を未然に防ぐこともできるでしょう。絵本の読み聞かせは将来的にも、いい影響を与えることが分かりますよね。

・言葉の表現を知り国語力がアップする
絵本の読み聞かせによって語彙力や読解力がつき、国語力がアップするという学力向上の効果もあります。まだ字が読めない子どもでも、読み聞かせを繰り返すことで絵本に書いてある言葉の表現をマネし始めます。始めはマネだった言葉も次第に自分の言葉として使い始めるので、言語力がのびることにつながるのです。
また、語彙力がある人は自分の気持ちを言葉で表現することに長けています。相手の言葉も理解できるので、信頼関係を築きやすくなるでしょう。
国語力をあげることは、コミュニケーション能力を高めることにもつながるのでいいことずくめと言えます。

・集中力が身につく
読み聞かせをしていくうちに、子どもは集中力が身に付きます。子どもが物事に集中できる時間はそれほど長くありません。
そのため、読み聞かせを始めたばかりの頃は、最後のページまで読めないことが多いです。しかし、絵本の読み聞かせの時間を習慣化させると、次第に集中力が身に付き、最後まで夢中になって聞いてくれるようになります。
子どもがその場に座っていられない、落ち着きがないと悩んでいる保護者の方には、ぜひ絵本の読み聞かせをおすすめします。
などがあります。
では、読み聞かせはいつから始めるのがいいのでしょうか?

【読み聞かせはいつからいつまですればいいの?】

読み聞かせは、いつからいつまでした方がいいという正解はありません。早すぎることも遅すぎることもないので、始めたいと思ったらすぐに読み聞か
せをしましょう。

そうとはいえ子どもが0歳児なら、絵本を読み聞かせても効果はないと思ってしまいますよね。事実、赤ちゃんに絵本を読んであげても期待通りの反応が返ってくることはほとんどありません。
しかし、0歳児の赤ちゃんにも読み聞かせの効果はあります。絵本の豊かな色彩を見ることは脳に刺激を与えますし、親とのスキンシップでリラックス効果が期待できるのです。子どもの年齢に関わらず絵本に興味を持ち始めたときは、読み聞かせを始めるチャンスです。子どもが好きな絵本を一緒に読みましょう。
また、興味を持つ前の段階でも、保護者の方から積極的に読み聞かせを促して、絵本デビューしてみるといいですよ。絵本が好きな子どもが多いので、すぐに引き込まれていくはずです。
絵本読み聞かせを通して親子のスキンシップとることができます。
子供との時間を楽しく大切に過ごしてくださいね。