喃語について

喃語について詳しくお話ししていきます。

【喃語とは】

生後5ヶ月頃の赤ちゃんが発する「アーアー」や「アウアウ」や「ウーウー」など二つ以上の声のことです。
生まれたばかりの赤ちゃんは、言葉を話すための声道が未発達。
喃語を話すことで赤ちゃんは声帯や口角、横隔膜の使い方を学び、言葉を話せるようになっていきます。
最初は決まった音のみの発音ですが、
成長するにつれ「ぱ行」や「ば行」などの破裂音や濁音も発声するようになります。
さらに肺から出る空気のコントロールができるようになると、喃語の発音もはっきりしてきます。

【赤ちゃんの「喃語」と「クーイング」の違い】

生後1〜2ヶ月頃の赤ちゃんが発する「アー」や「ウー」「エッ」などの声をクーイングと言い、喃語の前に始まりクーイングは赤ちゃんにとって喃語を話す前段階になります。この頃の赤ちゃんはママに何かを伝えたい訳ではありません。音を出すことを楽しんでいます。
喃語とクーイングは似ていますが、いくつかの母音がつながっているのが喃語。
唇や舌を自由に動かせないクーイングは母音だけになり、それぞれ別の言葉として考えられています。

ですが、時期が重なったり移り変わったりしていくため、はっきり区別がつかないこともあるでしょう。
喃語なのかクーイングなのか判断がつかない場合は、上記を参考にしてみてください。

【赤ちゃんの喃語はいつからいつまで】

赤ちゃんは生後5ヶ月頃から1歳頃まで喃語を話します。
喃語は生後5〜7ヶ月から始まり1歳くらいまで続きます。
生後4ヶ月頃は喃語とクーイングの見極めが難しい時期ですが、
機嫌がいいときに笑い声と一緒に「アウー」など母音だけの声を出すこともあります。
生後5ヶ月頃になると「バー」や「ブー」など子音を含んだ喃語に変わり、
生後6ヶ月頃になると「タアタア」や「アウアウ」など喃語だとわかるようになってきます。

しかし
なかには、7ヶ月を過ぎてもなかなか喃語が出てこなかったり、途中で喃語が出なくなったり不安になるお母さんもいるかと思いますが、赤ちゃんの成長には個人差があるので、あくまでも目安としてみてください。

【喃語が出ない赤ちゃん】

理由について考えられるものとは

・体の成長が追いついていない
赤ちゃんが喃語を話さない理由のひとつに、
体の成長が追いついていない可能性があります。
通常、私たちが声を発するためには咽頭部という喉の部位が必要なのですが、
赤ちゃんの喉や下顎を包んでいる骨格が未成熟だと咽頭部の空間が狭く、
喃語を話すのが難しくなってくるのです。
同様に、赤ちゃんが声門をすばやく開いたり閉じたり、
唇や舌の筋肉をうまく動かせない場合も、喃語を話すことが難しくなります。

・聴覚の問題
喃語は周りの声や音、自分の出した声を聞いて促されます。
喃語が出ない赤ちゃんは、聴覚に問題があるかも知れません。
赤ちゃんの聴覚に問題があると感じた場合、
新生児聴覚スクリーニング検査を受けてみることをおすすめします。
新生児聴覚スクリーニング検査とは、
生後まもない赤ちゃんの聴覚に問題がないか機械で確認する検査のこと。
新生児聴覚スクリーニングを受けることで、
赤ちゃんの言語の発達を助けられるのです。
検査は生まれてすぐ行うことが可能ですが、生後しばらくたってから行う場合は、耳鼻科に行き検査を受けてください。
検査は寝ている赤ちゃんに音を聞かせ、内耳や脳が正常に反応するかを確認するというもの。
検査を受けて問題がなければよし。
それでも気になるようであれば、小児科や地域の子育て支援センター、児童相談所(子供相談所)や保健センターの乳児検診などで相談してみてください。

【喃語が出ない赤ちゃんとの関わり方】

・たくさん話しかける
喃語が出ない赤ちゃんに、たくさん話しかけてあげることはとても大事なこと。
赤ちゃんにたくさん話しかけることで、脳が活性化され、喃語が出やすくなります。
例えば、赤ちゃんが「ウー」や「アー」「ター」などクーイングでおしゃべりしているときに一緒になって真似したり、喃語で答えてあげたり、意味のある内容の言葉を返してあげたり、たくさん反応をしてあげてください。
その際は、口を大きく開けて赤ちゃんと目を合わせながら、少し高めの声でゆっくりと話しかけましょうね。
また、生後まもない赤ちゃんは視力が弱いため、
顔を近づけてはっきりと話しかけることも大事ですよ。

・コミュニケーションをとる
喃語が出ない赤ちゃんにとってママとのコミュニケーションは欠かせません。赤ちゃんに笑顔で接するのはもちろん、赤ちゃんが笑ったときや喜んだとき声を出したときはほっぺをツンツンしたり、
抱っこをしたりたくさんコミュニケーションをとりましょう。
コミュニケーションをとることで相手と通じ合っているという喜びを体験して、赤ちゃんにママと関わりたいという気持ちが生まれ、喃語を発しやすくなります。

・あやして笑わせる
喃語を話すときは、喉の奥の空間を広げたり、息を吐き出したりするコントロールが必要。
赤ちゃんが「ハッハッハ」や「キャッキャ」と笑うことによって体が成長するため、あやして笑わせることが大切です。
赤ちゃんをくすぐる、いないいないばあをする、変顔をするなど赤ちゃんが喜びそうなことを試してみてください。

・絵本の読み聞かせをする
絵本を読み聞かせることも喃語が出ない赤ちゃんにとって効果的です。
さまざまな色や形が描かれている絵本を読むことで赤ちゃんの脳を刺激し、言葉の発達を促してくれます。
読むときは心地よいリズムのある声で、赤ちゃんに話しかけるように繰り返し読んであげてください。

喃語を話す時期はほんと一瞬です。
貴重な時間なので、しっかりコミュニケーションをとってください。