赤ちゃんのしゃっくり

赤ちゃんがしゃっくりをしてなかなか止まらないと、とてもきつそうですよね。

そもそもしゃっくりとは、肋骨の下の“横隔膜”と呼ばれる薄い膜のような筋
肉が、吸収と連動して上がったり、下がったりして動くのですが、時にその横隔膜がけいれんを起こすことがあります。これがしゃっくりです。赤ちゃんも大人と同じ仕組みですが、赤ちゃんは身体と脳のつながりが未熟なため、特にしゃっくりを起こしやすいと言われています。

【赤ちゃんがしゃっくりをするのは、どんな時?】

赤ちゃんがしゃっくりをするのは、おなかいっぱいミルクを飲んだ時が多い
です。なぜなら、ミルクと一緒に空気も飲み込んでしまうため。
大きく膨らんだ胃によって横隔膜が刺激され、けいれんを起こします。

生後6ヶ月頃までの赤ちゃんは特に横隔膜が未熟で、少しの刺激でもけいれ
んを起こしがちです。赤ちゃんがしゃっくりをするのは、成長の過程とも言
えます。

【しゃっくりをとめる方法】

しゃっくりは、時間の経過とともに、自然と止まります。それでも気になる
時は、次の方法を試してみてください。

・ゲップをきちんと出してあげる母乳やミルクを飲んだ後は胃が膨らんだことで、横隔膜への刺激を与えることが多いです。飲み終わったら、たて抱きにして、ゲップを出してあげると、しゃっくりがとまることがあります。

・麦茶や白湯を飲ませるゲップを出しても、しゃっくりが止まらないようであれば、麦茶や白湯を飲ませる方法もあります。飲ませすぎると、横隔膜をさらに刺激してしまう可能性があるので、2~3回ごっくんとできれば問題ありません。何かを飲み込んだ刺激でしゃっくりが止まることもあります。

【してはいけないこと!】

 ・急に驚かせる
 ・耳に指を入れる
 ・くしゃみをさせる
 ・コップでたくさんの水を飲ませる など
※身体が未熟な赤ちゃんにとっては、負担が大きく、吐きもどしたりする場
合もあるので、これらの方法は避けましょう。
また、しゃっくりがなかなか止まらなかったり、ひんぱんに起こったりする
ようであれば、病気が隠れている可能性もあります。
必ずしも、しゃっくりが症状としてあらわれるわけではなく、あくまでも症
状の一つとして、しゃっくりが出ることが、まれにあります。

上記のような病気であれば「ぐったりして活気がない」「おっぱいやミルク
の飲みも悪い」など、他の症状もあるはずなので、しゃっくり以外にも気になる症状があるかどうか、よく観察しましょう。

赤ちゃんのしゃっくりは起こりやすいが、身体が大きくなれば、頻度も減っ
ていきますので成長の過程の一つとして、御考えください。